酷暑の中、屋根裏へ

気温ネタが続きますが、昨日は午前と午後、屋根裏で配線工事。
午前中は、何とか持ちましたが、午後は、さすがにこたえた。さらにネズミホイホイにつかまり、靴下が1足ゴキブリホイホイの中で死にました。

暑いので焦ってしまいました。しかたがない。それでもしたたる汗をぬぐいながら約10分程度で終わりましたが、体中に断熱材のグラスウールがついて、チクチクする。作業が終わってすぐに自宅のシャワーへ、この日は2度目のシャワー。

そして、夜には、3度目のシャワー。9時過ぎには就寝。ジージにはこたえる一日でした。

室温21度

とあるサーバー室へ約2時間の作業で寒くなった。やはり夏は、暑いのがいい。

21度では、2時間以上いるとTシャツでは、寒い。もう1枚着ていた方が快適に作業ができる。
ITは、地球温暖化防止に貢献しているのだろうか。電気を使って機械を動かし発生する熱をまた電気を使って冷やす。

黄昏時

今日は本格的に暑くなった。でも外の仕事は少しだったのであまり汗をかかなかった。

午後8時ちょうどの呼子湾。日がやっと落ちて無風で水面は、鏡のようだ。(携帯で撮影)昨日は一斉休漁だったので今日は漁に出ている船もあるようだ。でも月が明るい。そういえば友の祇園だ。今年は行けそうもない。明日までに仕上げないといけない仕事がある。

馬渡島へ

13日、定期の仕事で馬渡島へ行ってきました。暑い一日でした。でも午後、馬渡島神社の前は、森と日蔭で通り抜ける風は気持ちよく。馬渡島で一番涼しい場所で帰りの船を待ちました。やはり自然はすごい。

ところでこの日、8時20分発の馬渡島行きの乗客は、私一人でした。そして帰りは、二人でした。この燃料高騰の時、値上げか減便の話が出ているようです。おそらく値上げはせずに減便になるのではないでしょうか。

昨日、15日は全国一斉休漁で呼子も漁港は、静かでした。

蚊よけ対策

外での作業で困るのが「蚊」だ。いままでは、虫よけスプレーを手や首、耳などにスピレーして使っていたが、デリケートな皮膚にかゆみが出たりしていた。そこで薬局に行ったら電池式の虫よけ器具があったので買ってみた。

乾電池で専用の薬剤をセットして20日間使える。電池で小型ファンが回り薬剤を放出する構造だ。
今日は風もなく絶好の蚊の標的になるはずだったが、全く蚊は寄ってこなかった。

効いたのか蚊が休みだったのかわからないがとにかく良かった。

孫がやってきた

博多から2歳の孫がやってきた。最初は、恥ずかしがり屋の顔をしておとなしくしてたが、1時間もすると本性をだして走り回るし、部屋中散らかすし、一緒に遊んで楽しい一日だった。さすがに疲れる。

だいぶ背も伸びて足も大きくなり、言葉もでて話がすこし通じて(母親の通訳も必要)成長が感じられる。保育園で覚えた歌も歌ってくれた。次はいつ来るかな。時々あうから成長を余計に感じられる。またしばらくしてあらたな成長を見てみたい。

地域再発見支援事業

7月3日夜。2回目の会議があった。なにかイベントを行い、地域をアピールしようということのようだ。
9月下旬か、10月上旬に行われる「呼子朝市フェスタ」にあわせておこなうことが決まった。
内容は、「歴史、文化、食」をテーマに分科会ごとに企画を練り上げていくことになる。

呼子鯨組の活動がやはり高く評価されている。中尾家の歴史の掘り起こし、鯨の食を含めた文化を2年くらいかけて多数のイベントを行いたくさんの来場者を集めることもできた。今後の活動に期待したい。