キノコと紅葉を求めて

2014/10/09~10 高千穂

秋といえば、キノコと紅葉ということで1泊のソロキャンプを兼ねて出発。
8時過ぎに自宅を出発。多久ICから熊本の御船ICまで高速で

昼食を熊本県上山都町の通潤橋で取る事にしていたのでゆっくりとした旅の始まりだった。通潤橋へ着いたのがちょうど12時ころ。車を止めカメラを持って撮ろうとしたら放水が始まった。なんというグッドタイミング。日曜日なので観光用に放水しているらしい。

通潤橋

通潤橋

時々霧雨が降るが大したことはないので傘も持たずに近くへ行ってみると、水しぶきと風で濡れる。

通潤橋

通潤橋

通潤橋

通潤橋

遊歩道を登って上から見るとかなりの迫力。昔の人の工夫と知恵と技術はすばらしい。紅葉はまだまだ早かった。

通潤橋

通潤橋

ここの道の駅の食堂はいっぱいだったので近くの食堂で昼食。そして高千穂へ。

高千穂への道中も雨が降ったり止んだり。高千穂神社に着いたときは、雨が止んだ。

高千穂神社

高千穂神社

高千穂神社から高千穂峡までは歩いていくことに。どうも駐車場がいっぱいらしい。20分ほど歩いて谷底に下りていく感じだった。日が照ればいい感じの雰囲気になるのだが残念ながら曇ってそして紅葉もまだまだだった。

高千穂峡

高千穂峡

高千穂峡

高千穂峡

高千穂峡

高千穂峡

さてキャンプ場に行く前に温泉に入ろうと天岩戸温泉というところに行った。高千穂温泉がよかったかも。

時間が押してきたのでキャンプ場へ。予定より1時間ほど遅れて歌瀬キャンプ場へ到着。霧雨の中テント設営。またまた利用者は私だけの貸切でした。日曜日はこんなもんだ。
食事の準備中には雨も上がった。
夜中は風もなく月が出てきた。

朝は、霧でいい雰囲気。

歌瀬キャンプ場

歌瀬キャンプ場

歌瀬キャンプ場

歌瀬キャンプ場

日が差してきて少しずつ霧が晴れていく雰囲気はなかなかいい。ここは九州でも有名なキャンプ場らしい。なかなかいい雰囲気のキャンプ場だった。幕は乾燥できずに撤収し次の目的地へ。

天岩戸神社。ここからが旅の折り返し。帰途につく。

天岩戸神社

天岩戸神社

途中、キノコを売っているところを探すがどこにもない。地元の人に聞いてもシイタケくらいしかない。どうも九州はキノコ狩りの習慣がないのかもしれない。残念だがキノコは信州かあっち方面へ行ったときに食べよう。

途中、阿蘇の東側を通って、瀬の本高原、杖立温泉、日田を経由して帰路に付く

阿蘇の根子岳の紅葉はなかなかだった。

阿蘇根子岳

阿蘇根子岳

瀬の本高原

瀬の本高原

瀬の本高原

1泊2日の旅、なかなか楽しめた。走行距離570km

2泊2日津和野、萩 2013/05/28-29 No2

萩城址

萩城址

まずは城跡だろう。お土産屋の無料駐車場に車を止めて城跡を散策。奥の池には亀がいっぱい。そばに行くと次から次と亀が寄ってくる。数分で15匹くらい集まってきた。

天気予報では曇りなので載せてきた自転車が使える。近くの無料駐車場へ移動し自転車を出し、街を散策。まずは松蔭神社を目指す。

松蔭神社とその周辺を散策。

松蔭神社

松蔭神社

 

 

松下村塾

松下村塾

 

伊藤博文旧宅

伊藤博文旧宅

その後、武家屋敷跡を目指す。

自転車で小道をほとんど回ってみた。やはり自転車があるといい。修学旅行生もレンタル自転車で回っていた。
塀もいろいろな物が残っている。これらを保存するのは大変だろうなあと思う。立派な塀や少しずつ傷んで崩れそうな塀もあり、武士の身分にも夜のだろうか。

 

武家屋敷

武家屋敷

武家屋敷

武家屋敷

武家屋敷

武家屋敷

武家屋敷

武家屋敷

菊屋家住宅

菊屋家住宅

端午の節句の飾り物

端午の節句の飾り物

3時間ほどぶらぶらと散策し、車のところへ戻ったら雨がパラパラと。昨日は一日雨、日ごろの行いを反省したので萩は雨に降られずに楽しめました。

萩は自転車が似合う町だった。

2泊2日津和野、萩 2013/05/28-29 No1

2013/05/27 18:00 呼子出発、行ける所まで、津和野の近く。願成就温泉道の駅又は、道の駅長門峡を目指して。
天気はよくなさそうだが雨が降らなければ、自転車で街中を散策するつもりで自転車も積み込む。

午後10時過ぎ、道の駅長門峡へ到着。今日はここで一泊。雨はあまり降ってない。

5/28 06:00 起床。ついでに長門峡を見物することに。自転車で入ろうとしたら徒歩でしか入れないので自転車を車に戻し歩いて出発。
早朝なので誰とも会わずに中間地点の鈴が茶屋まで行ってみた。往復約1時間

長門峡

長門峡

長門峡

長門峡

長門峡

長門峡

車に戻ってきたら雨が降り出した。

朝風呂へ入る、温泉へ

願成就温泉へ。9時からなので9時ちょうどに入っていくともうすでに2人が入浴中、どういうことだ。

すこしぬるめのお湯で長風呂になったが目が覚める。

願成就温泉

願成就温泉

雨がすこし強くなってきた。

津和野へ。大きな赤い鳥居をくぐって町に入る。正面の山に神社が見える。まずそこへ。

太皷谷稲成神社。朱色が鮮やかな神社だった。

太皷谷稲成神社

太皷谷稲成神社

太皷谷稲成神社

太皷谷稲成神社

太皷谷稲成神社

太皷谷稲成神社

雨の中、津和野の街へ。車で通過後、津和野駅横の駐車場へ車を止め、傘をさして散策。
観光客もまばら。おみやげ物やへ入ったり写真を撮ったりして散策。

津和野

津和野

津和野

津和野

昼ごはんは、地元の人に聞いた「うずめ飯」をいただくことに。ご飯の下に山菜、豆腐、シイタケをみじん切りにしたものが埋めてあってだしを掛けて茶漬けのようにして食べる。美味しかった。

うずめ飯

うずめ飯

 

さて次の目的地へ移動

 秋吉台オートキャンプ場

秋吉台オートキャンプ場

トロン温泉がある秋吉台オートキャンプ場。この日は雨が降っていたが、時々止んで小降りの時にテントを設営しようと思ったら途中で友人から電話。なかなか話が終らず、雨がまた降ってきてたまらず電話を切る。急いで設営。すこし濡れたが、まあ覚悟はしていたので仕方がない。

設営後、風呂に入る。風呂は人工の温泉なので普通の大浴場と思えば何のことはない。

ずっと雨が止まず雨の中、テントの中で食事、いつもの肉の煮込みで済ませる。焚き火は出来なかった。夜は風も強くなり大粒の雨がテントをたたいてうるさいし、ラジオを聴いて横になる。

いつの間にか静かになって寝てしまう。夜中には雨が止んだようだ。朝起きたらテントは当然濡れている。
いつもの朝食のフレンチトーストとコーヒーで朝食。濡れたままのテントを片付けて萩へ向かう。

テントは帰ってから広げて乾燥しないといけない。

つづく

 

ソロキャン 2011/05/04~05

今年2回目のキャンプ。朝早くから出発。途中見頃の唐津城の藤棚を見に行く。去年は、自転車で行ったが今年は、セキと鼻水がまだ止まらないので自転車ではいけなかった。

唐津城と藤棚 2011/05/04

唐津城と藤棚 2011/05/04

天気はいいはずなのにこの日も黄砂の影響で鏡山もぼんやり霞がかかったようだ。数日前よりはいいようだが。

今回もキャンプ場は、北山キャンプ場。ゴールデンウィーク真っ只中。家族連れ、カップル、グループでにぎわっているが、最上部のサイトを確保できたので回りはカップルと家族だが、いたって静か。

昼は、インスタントラーメンで簡単に済まし、キャンプ場を散歩する。1時間半ほどで八の字を書いたようにぐるりと回った。

北山キャンプ場

今回は写真が少ない。ほとんど椅子に座ってコーヒーと音楽とあとはぼー~~~~としていた。

ソロキャンプ 長崎県 平戸の近く

ゴールデンウィーク中でも予約なしで余裕でキャンプできしかも無料というキャンプ場の情報を半信半疑で出かけてみる。

5月2日。この日は親戚の四十九日の法要。もちろん出席し、喪服を車の中で着替えそのまま出発。

食料調達は、「道の駅 松浦海のふるさと館」
魚はもちろん野菜もあるが時間が遅かった(午後4時)ので野菜はほとんどない。途中のACOOPで野菜と豚肉、牛乳、りんごパスタなどを購入。


より大きな地図で キャンプ場 を表示
今日のキャンプ場「中瀬草原キャンプ場」午後5時ころ到着

まさに草原、起伏があり、傾斜地で平らな場所が少ない。先客にいい場所をとられているが、それでもまだまだ余裕で空いている。

平らな場所を探しテント設営。


より大きな地図で キャンプ場 を表示

中瀬草原キャンプ場

中瀬草原キャンプ場

料理用に火をおこす。少し風があるので気をつける。さてさて湯を沸かしてまずはコーヒー。

今日の晩御飯は、いつもの肉をジャガイモの煮込み(シチュー?)にパスタを入れたやつ。

中瀬草原キャンプ場

中瀬草原キャンプ場

昼が法事で遅かったのであまり原が減っていない。いつもの量の半分で満腹状態となり。後は、食後のコーヒーと夜空を眺めながらラジオを聴く。今日はずっと「忌野清志郎」の一周忌特集を聞く。

朝は6時ころから周りがうるさくなってくる。うつらうつらしながら6時半ころ起きだす。

朝はこれも定番、フレンチトーストとコーヒー

中瀬草原キャンプ場

中瀬草原キャンプ場

今日はどうしようかとのんびり考える。ここから平戸島が見える。当然行ってみる。観光協会に問い合わせて風呂に入れるところを聞くが、この時期は、風呂だけのサービスはやってないとのこと。

平戸大橋は無料になっている。橋を渡りしばらく走るともう渋滞。生月まで行こうか行くまいかちょっと悩んでいかないことにする。

中瀬草原キャンプ場

中瀬草原キャンプ場

昼飯をどうしようか。伊万里牛でも食べようと思い携帯で検索。その中から一つを選び2800円のステーキ定食をいただき今回はここで自宅へユーターン。

帰りは204号をずっと自宅までまったく渋滞もなく帰り着いた。

ソロキャンプ 佐賀県北山ダムキャンプ場

4月9日、1泊の予定で北山ダムキャンプ場へ。

より大きな地図で キャンプ場 を表示
まずは食料調達、近くの和牛直売店で和牛ハンバーグを手に入れる。野菜や牛乳、卵などはスーパーで購入。

より大きな地図で キャンプ場 を表示
メインの食事は和牛ハンバーグと野菜のパスタ。

今晩は、焚火台も初使用、準備してきた炭を起こす。自家製の火起こし機登場。
ステンレスの煙突(長さ30cm)を立て底に新聞紙を丸めて詰め、上から炭を置いていく、そして下から新聞紙に火をつけると次第に炭に火がつき煙突効果で10分もしないでカンカンに火が起きる。

そして調理開始。料理に関しては省略。

和牛ハンバーグと野菜のパスタ

和牛ハンバーグと野菜のパスタ

コロダッチで定番の焼きりんごを試してみると完璧に出来上がる。

焼きりんご

焼きりんご

北山ダムキャンプ場ソロキャンプ

北山ダムキャンプ場ソロキャンプ

キャンプ場は、金曜ということもあり予約は私一人。こんな広いキャンプ場を独り占めだ。どんなに騒いでもだれも文句は言わない。
火遊びしながらラジオを聴きながら9時過ぎに寝袋にもぐりこむ。ラジオを聴きながらいつの間にか寝てしまっていた。

朝は釣り客が早い。暗いうちから車やボートの音が聞こえてくる。そして鳥の声がだんだん大きくなってくる。

北山ダムキャンプ場

北山ダムキャンプ場

還暦祝いで娘たち夫婦にいただいた、チェアーと机も大活躍したキャンプでした。帰りにやまびこの湯に入って帰る。

次回は、いつ行こうか。もう次のキャンプの計画が始まる。