コーヒーロースター

自家焙煎を始めて約2年、やっとそのコツがつかめてきた。それでも深入りして苦かったり、浅炒りでミルが回せなかったり失敗は多いがそれもこれも遊び。

これまではコンロの上で銀杏を炒るものでひたすら振り続ける作業だったし1回で3日分程度の焙煎をもっとうまく出来ないかと思考錯誤、これが長く続いたがあるイメージの元製作開始。

 

なにやら図面のようなそして8角形の金属板

なにやら図面のようなそして8角形の金属板

熱源はちょうど手に入ったガス湯沸かし器のバーナ。これの一部を切り取って不要な穴を埋め、コック(これも古いトーチのコック)を取り付けて製作。

 

熱源、ガス湯沸かし器のバーナ

熱源、ガス湯沸かし器のバーナ

回転釜の部品とバーナー、コック

回転釜の部品とバーナー、コック

回転釜の組み立て

回転釜温度が上がるので金属のクサビとかしめで固定

回転釜温度が上がるので金属のクサビとかしめで固定

ステンレスの網を張る

ステンレスの網を張る

バーナーは炎が伸びないように網で覆う

バーナー部完成

バーナー部完成

燃焼テスト、火力調節は良好、赤熱のし具合で調整すればいいかも

燃焼テスト

燃焼テスト

 

 

完成した3個の部品

完成した3個の部品

テスト焙煎

テスト焙煎

テスト焙煎はまずまずの結果

テスト焙煎はまずまずの結果

 

いくつかの問題点:

焙煎後に取り出す際に釜が高温のため手間取る。皮手袋は必須

もう少しバーナーと回転釜を離したほうがいいようだ。

でも外釜部分が風防の役目を果たすのでむらなく出来上がる。改善はぼちぼちやっていこう

 

ベーコン作り

何を思ったか「ベーコンを作ろう」と決めてしまった。

豚バラをブロックで2kg買い込み、そのままでは大きすぎるので4つに分け、塩とホワイトペッパー、ブラックペッパー、ローリエ、ローズマリー、ガーリックパウダーで漬け込み用の液を作り、ビニール袋にすべて放り込み、8日間冷蔵庫で漬け込んだ。

漬け込んでいる間に薫煙する箱を作る。使用していなかった者入れにしていた木製の箱を改造して製作。

者入れに使っていた木製の箱

者入れに使っていた木製の箱

者入れに使っていた木製の箱

者入れに使っていた木製の箱

薫煙箱

薫煙箱

塩抜き:8日間漬け込んで、土曜日に塩抜きをしようと朝から大なべに水を張り、肉を入れて流水だといいらしいが、1時間か1時間半ごとに水を替え炒めて味見をしながら12時間で塩抜き完了。

水気を取り、翌日の薫煙に備える。

さて日曜日、薄曇り、夕方から雨かものような天気のなか8時半ころから薫煙開始。

薫煙開始ころ

薫煙開始ころ

温度を60度くらいで薫煙するので炭を焚く。この温度調節が最初は手間取ったが、中盤から安定した。

今回は、桜をベースにクルミを加えサービスで付いてきたピートを最後に少し加えた。

火を使うので薫煙の5時間弱は離れられない。これが一番の問題かも。時間がかかりすぎる。次回は、電器ヒータでサーモで自動温度調節機能でも付けるか?それともこれでやめるか?

薫煙中

薫煙中

薫煙終わりころ

薫煙終わりころ

完成:なかなかいい色になっている。出来たばかりのベーコンは柔らかい。これでいいのかと少し疑問を持ちながら一日置いたら硬くなって香りもよくなった。

早速、朝食にベーコンエッグとベーコンサンドで味見。香りはいいが、塩味が少し薄いような

ベーコンエッグとベーコンサンド

ベーコンエッグとベーコンサンド

ギターケース再生プロジェクト

このギターケースも使用しているギターももう42年を過ぎだいぶくたびれている。最近のもの作りが面白くなっている勢いでケースを再生することにした。

ギターケース

ギターケース

ギターケース

ギターケース

まず仕上げをどうするかとか、ヒンジや止め金具が手に入るかネットで探して部品として取り寄せできるのでこのプロジェクトを進めることにした。表面は、和紙を使って和紙の風合いを生かすかそれとも塗装するかを試してみた。

和紙と塗装テスト

和紙と塗装テスト

和紙を張って後で塗装するとむらが出来るので塗料を染み込ませた和紙を貼ってみたらなかなかいいのでこの方法で進める。

和紙と塗装テスト

和紙と塗装テスト

さてギターケースの分解して表面を削るときれいになった。

分解と表面仕上げ

分解と表面仕上げ

LEDスタンドライト

IKEYAの机につけるスタンドを製作しました。

LEDは、シチズンの3W2個。放熱を考えセードと放熱にアルミを使い、切ったり削ったりあなを空けたり接着したり。

明るさは申し分ない。向きが変えられるように、セードにはノートPCの液晶パネルの根元にあるヒンジを再利用しアームの根元には、ラジオのアンテナの稼動部分を再利用して向きや方向を変えられるようにした。

前回製作した部屋の照明に使った1.6wのLEDは発熱が大きかったので今回は3wということで放熱フィンを大きくしたがこのLDEは放熱が思ったより少なかった。1時間以上点灯させて表面温度は、40度以下。なかなか優秀なLEDだった。

シチズンLEDと電源

セードに取り付けた状態

セードに取り付けた状態

放熱フィン

放熱フィン

放熱フィン

放熱フィン

電源ボックス

電源ボックス

完成

完成

謎の SY と41ers

謎の SY と41ers

自転車 No31 呼子-唐津-久里双水遺跡往復 60Km

先週は、体調が悪く少ししか走れなかったのでそのリベンジのつもりで唐津方面へ。

天気はいいが北西の風が強く行きは追い風、帰りは向かい風を覚悟で出かける。気温は、10度前後か寒くない。

いつものコースをとり204号で唐津を目指す。

湊のお稲荷さんの桜は、4分咲き。急に暖かくなってきたので桜は一気にあっちこっちで咲き始めている。

湊のお稲荷さん

湊のお稲荷さん

このあたりも少し追い風で調子よく進む。唐坊を過ぎ、市内に入ると風はあまり強くない。15Kmを過ぎても調子がいいのでどこまで行こうかと思案する。

北城内の埋門ノ館の桜は満開だった。

埋門ノ館桜

埋門ノ館桜

来週の還暦旅行には不参加を表明した友達のところまで最終参加の確認をしに寄ることにする。虹の松原内の喫茶店だ。休憩とコーヒーをいただく。やはり不参加だそうだ。これで4人の旅行になる。虹の松原内は狭くて走りにくい。

虹の松原

虹の松原

まだまだ走れそうなので松浦川に沿って南へ行くことにする。こうなると午前中には帰れないのでどこかで腹ごしらえをしないといけない。
あまり調子に乗りすぎると帰りが怖いので久里双水古墳まで行くことにする。

帰り道の途中でハンバーガーとコーラで腹ごしらえ

ハンバーガーとコーラで腹ごしらえ

ハンバーガーとコーラで腹ごしらえ

ここでしばし休憩。あとはまっすぐ帰る。しかし、帰りは向かい風が強くスピードが上がらない。ゆっくりでも走っていればいつかは帰り着くさ~~~。と言い聞かせながらゆっくりペダルを漕いで、それでも休憩を入れないとジジーの足では長続きしない。自宅まで3回の休憩を入れてどうにか到着。

ちょうど60Km。まあこんなもんでしょう。

 

自転車ツーリング No30 – 唐津城往復 40Km

1月は体調がいまいちだったので走っていない。いや、2日に走ろうとしたが、途中で気分が悪くなり引き返し、10Kmで終わり。

その後39度の熱が出る。

そんなこんなで、1月は走ってない。今日は朝から快晴、無風、気温7度前後か。朝8時半出発。久しぶりなので唐津方面へ行くことにする。

家を出てすぐのニンニク坂が軽快に上れない。やはり長期ブランクは、まず呼吸がきつい。そして足にも来る。なんとかがんばって坂を上って上場大地を無理しないように走る。屋形石から湊までは下りぎみですこしづつ調子が出てくる。

そういえば、湊の厄神さんのお祭りではなかったかと、神社へ行ってみると露天が並んでいた。せっかくだからお賽銭をあげてお参りをすることに。

厄神さん

厄神さん

厄神さん

厄神さん

なぜか獅子頭がたくさんおいてある。

さらに唐津方面へ。

湊を過ぎて海岸を走る。風もないし天気は最高。だんだん調子が出てきてスピードを出す。毎時30Km以上で5分くらい走ると、さすがにこたえる。あまり飛ばすと帰りが怖い。抑え気味に行こう。

市内へ入って車はそう多くはない、2台の自転車とすれ違う。順調にというか休憩を多く入れたのですこし時間がかかったが唐津城でまた休憩。

唐津城

唐津城

午前中に帰るつもりなので今日はここで引き返すことに。

帰りは、前半飛ばしすぎたのですこし足に来ている。すこしスピードを落としていこう。唐房を過ぎて眺めのいい場所で休憩。

唐津西港

唐津西港

あさ早くは無風だったが少し北風が向かい風になってきた。風はギヤを2段くらい落とす程度でまだ強くはないが、弱った足にはかなりの負担。

湊を過ぎて眺めのいい場所でまた休憩。今日はほんとに天気がいい。水平線がはっきり見える。波は1m程度のうねり。サーファーも物足りないようだ。

立神岩

立神岩

七つ釜

七つ釜

さてあと一のぼり。がんばっていこう。

やはり長期のブランクは、足にもくるし、呼吸も苦しい。もっと走らないと。ちょうど40Kmでした。

線量計 – 放射線測定器

娘家族は、いわき市で生活している。今、正月で孫を連れて帰ってきているが、いわき市から無料レンタルで線量計(放射線測定器)も持参してきていた。

表示は、現在の線量と積算線量が分かるようになっている。無料での貸出とはいっても半年で返却しないといけないらしい。10月にかりたのであと少しで返却しないといけないことになる。

幸いと言っていいか分からないが、このままいわき市で生活しても積算値で国の基準の1mmシーベルトを超えることはないようだが、低いに越したことはない。

呼子では、0.06マイクロシーベルトだが、自宅では場所にもよるが、この2倍から5倍の線量があるそうで、周りでも吹き溜まりとか、排水溝だとか物が集まりやすいところでは、線量も高くなるのだそうだ。

これが数十年単位で続くことを考えたら、子供にはどんな影響があるのだろうか。

線量計のレンタルはいいと思うが、すべての世帯への支給も考えるべきだろう。目に見えないものなので。

線量計

線量計 - 現在の線量

線量計

線量計 - 10月からの積算値

毎年のことながら怠惰な正月生活

正月のだらしない生活で風邪をひいてしまった。

元旦、少し頭痛のような変な兆候はあった。グータラしすぎかも、寝すぎかもしれない程度に思っていた。

2日、天気もよさそうだし、自転車で波戸岬へ行くことにして、往復15km程度だから、がいけなかった。岬の手前で気分がわるくなり。しばし休憩後、すぐに帰ることにした。

やはりこれがいけなかったようだ。還暦ジジーは、体調の把握をもっとシビアにしないといけないことをあらためて知った。
昨日、病院で診察。薬を頂き一日、布団の中で過ごすが、薬のせいか汗が吹き出し、日に何度も下着を着替えて、今日はだいぶ調子いい。

布団の中では今年の遊びの計画をいろいろ練っていた。

昨年、同級生と計画していた還暦旅行は、大震災が起きたことで中止としてしまったが、今年そのリベンジに計画を練り直すつもりだ。

孫が自転車に乗れました。

2日前から遊びに来た孫は、自転車持参でした。自転車に乗れるようになりたいと。そこで家の前で練習したりして、一こぎか二こぎ乗れるようになって、それでもふらふらでしたが、博多へ帰る前に小学校で練習してたら乗れるようになりました。

まだ行きたい方向へは、行けないようですがここまで乗れればすぐでしょう。